先日ふらっと「JOHNかりおすとろ」さんへランチをいただきにまいりました。JOHNかりおすとろさんと言えば、なにかと興味をそそるポイント満載の人気店です!

例えば店名の「かりおすとろ」の由来は、宮崎駿監督の作品である「ルパン三世 カリオストロの城」だとか。

お店のメニューには、「カリオストロの城」でルパンと次元が奪い合って食べていたスパゲティを再現したものがあることとか。私の記憶が正しければ、世に「漫画飯」が広まる前から提供されていた漫画飯です。

今回は奥のカウンターに座らせてもらいました。何度か来たことがあるのですが、二人以上で来ていたので、テーブルに案内されていたのです。おひとり様が案内してもらえるカウンターのヒミツ感、最高に落ち着きますね。仕事中のランチにバタバタと立ち寄るのはちょっともったいないくらい。

本日のランチは、「五郎島金時とベーコンのチーズドリア」! それにプチサラダとドリンク、タピオカのミニパフェがついて1,080円。これは絶対においしい。

ドリンクは9種類。今回はアイスティをお願いしました。

ドリアを待つ間、メニューを眺めていると案の定「わー、こんなのもあったのか」と興味津々+ちょっと後悔、になります。フルーツカレーがすごい! こんなにたくさんのフルーツが入って1,000円。

他にも芋・栗・かぼちゃが入っている「秋パフェ」ですと! かぼちゃアイスとくりアイスって、それおいしいに決まってるやつ……時間が許せばこれも食べたい。仕事中だからダメだー! ダメだと思うと尚更たべたい。

JOHNかりおすとろさんのメニューを開いて毎回感心するのが、たくさんあるメニューのページ一つ一つが「手書き」で、そのうえ「文字情報が多い」こと。加えて、その大量の手書き文字を全部、店長の「柴田さん」がおひとりで書いているらしいこと。文字の印象は、失礼ながら女性らしい繊細な雰囲気。もちろん、柴田さんは男性です!

この日も、カウンターの向こうで調理をされていた店長の柴田さん。調理の手は休めることなく、店員のお姉さんと常連さんを相手にいろんなおしゃべりをしておられました。朝にラジオで聞いたこととか、近所の大学で行われる行事のこととか。「ナポリの夜(自家製プリンパフェ)」の豪華な写真を眺めながらお話を聞いていると、ランチが登場しました。

「五郎島金時とベーコンのチーズドリア」、あっつあつです。猫舌なので念入りにフーフーしても、ちょっと舌をやけどしてしまいました。私は食べるのが下手です。これはおいしい……! ほっくほく、もっちりの五郎島金時がとってもあまい! チーズのやさしい塩味とお互いに引き立てあうこの感じ、バランスがとてもいいです。ベーコンにとろーりチーズ、五郎島金時のほくほくがからまると、こんなにまとまるものなのか。さすが。

店長・芝田さんの雑学トークがすごい。

初対面の私にも気さくにお話ししてくれる店長の柴田さん。「なにこれ、いしカバくん? あ、カバなの? へえー!」と関心を寄せていただき、いしカバ部員は感無量です。

「五郎島金時の『金時』って、どうして金時っていうか知ってる?」……かなり唐突に、柴田さんの雑学プレゼンが始まりました。誠に申し訳ありません、知らないです。アイスティをいただきながら傾聴します。

「五郎島金時」や「鳴門金時」など、さつまいもに「金時」という名前が複数あるのに、豆も「金時豆」と言われますよね。豆とさつまいも、両方とも金時なのはなぜか? 芝田さんは疑問を抱いたそうです。

その結果、「金太郎」でおなじみの「坂田金時」が由来になっているという情報を発見。坂田金時が幼少で、まだ金太郎さんだった頃、赤ら顔をしていたらしく、そこから「赤いもの」イコール「金時」というつながりが発生し、煮豆やさつまいもなど「赤いもの全般」を「金時」と呼ぶようになった……というお話でした。

芝田さんがおっしゃった! と責任を押し付けるのも恐縮なので、私も調べてみました。「剛力である坂田金時が力んだ時に、全身が真っ赤になるから」や、「金太郎はいつも赤い顔をしていたから」など、言い方は様々ですが、坂田金時が由来のひとつであることは間違いなさそうです。ランチに行ったらなぜか知識が増えました。すごい!

最後に「タピオカのミニパフェ」が到着。 干しぶどうのような、チョコのような、つやつやしたこの粒はタピオカでした。コーヒーの香りがします! 意外すぎる。うまーい! キウイとパイナップルが乗っているのもうまーい! 中はアイス、コーヒー風味のタピオカがぎっしり詰まっています。はー最高。食後の甘いものは最高。

どこから宣伝だったのか。店長さんのトークがやっぱりすごい

芝田さんの楽しいトークはとどまるところを知らず、おもしろい雑学をたくさん教えてもらいました。例えばシェ・クープルのシェフとお友達で、元同僚で、同い年だとか。おいしいお店同士がつながっているというのは、「なるほど」と「そうなの?」が半々です。商売敵だけど仲良しなんですね。よく分かりませんが、飲食店の横のつながりはすごい。

「向こうにある『ちむちむ堂』ってお店、知ってる? 僕の店なんだけど、隣に新しく『たまご食堂』っていうお店ができてさ。エッグベネディクトとか! オムライスとか! 出してんだよね! お客を取られちゃってさあ……」と、にっこにこで語る柴田さん。『ちむちむ堂』も『たまご食堂』も、柴田さんが経営されているんですね。鈍くてすみません。

たまご食堂はちょっと気になる。スフレオムライスが大変おいしそうですね。自分にそんな意図は全くなかったのに、店長さんのトークをまとめたら普通に宣伝になってしまった。おかしいな。でも本当にうまそうなんだよな。

とっても話しやすい店長さんと、おいしい料理が楽しめる「JOHNかりおすとろ」、おすすめです。グループで行けばもちろん楽しいし、一人で行っても楽しいですよー!

JOHNかりおすとろ
住所:石川県野々市市横宮町8-11 グランディール103号
電話:076-248-8484
https://twitter.com/johncagliostro(JOHNかりおすとろ&ちむちむ堂Twitter)
https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Product-Service/%E6%B4%8B%E9%A3%9F-%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%81%94%E9%A3%9F%E5%A0%82-2122536031298930/(たまご食堂Facebook)

FacebookTwitterLineGoogle+