5月27日~29日、石川県産業展示館4号館で「Zakka*たいむ」が開催されました。今回で4回目とのことですが、2号館→1号館→4号館と、どんどん会場が拡大しています。県外からもたくさんの雑貨店やクラフト作家さんが出展していて、雑貨好きなら一度は行きたいイベントです。加えて飲食店も充実のラインナップ! 雑貨もたべものも大好きなので、喜んでお邪魔してきました!

すんなり入場したい人は、必ず前売り券を買うべき

当日、楽しみすぎて15分前に到着しました。フライングのはずなのに、4号館前の巨大駐車場にはすでに車が半分近く入っています。おかしいな、時間を間違えたか? と思いきや、入口の中にチケット販売の列が! 100人以上はおられたかもしれません。私は前売り券を買っていたため、列に並ばず横の入口から入れました。本気でZakka*たいむへ臨む方は是非、前売り券の購入をおすすめします!

作家さんの作ったかわいい雑貨が一堂に

会場に一歩入ると、そこは雑貨の国でした。右も左も前も後ろもぜんぶかわいい雑貨だらけ! 何から見ようか、どこへ行こうか、きょろきょろしてしまいます。

 

ミニチュア家具職人の宮元顕親さんのお店「ミヤ工房」さんでは、ブライスなどにピッタリの大きさの家具を販売されていました。百貨店での展示も予定されているとのことです。ミニチュアスーツケースがかわいい……!

ずらっと並んでいると本当にかわいい! 本物の生地を取り寄せて作っておられるというこだわりが感じられる、本物そっくりのスーツケースです。

ふしぎなお花を展示されていたのが「フラワーバイキング」さん。「フェニックスフラワー」というものらしいのですが、なんと空気中の湿気を感じるとお花がつぼみになります! ドライフラワーなんですが、まるで生きているみたい!

水につけると、こんな風につぼみになりました。「一時間もすると、乾いてまた花が開きますよ!」と教えていただいたので、持って帰ってみたら……

ホントに開きました! すごい! フェニックス(不死鳥)フラワーという名前が表すとおり、ずっと咲き続けるんですねー。アレンジメントもすごくかわいいし、とても心惹かれます!

オリジナルはんこの「SESESE studio」さんは、たくさんの人に囲まれて大人気でした。このハンコが非常にかわいい。小さいのがいっぱい並んでいるのもかわいい。

小さいハンコを一つ一つ眺めていたら、店員のやさしそうなおじさんがミニカードをくれました! かわいい! SESESE studioさんは富山を拠点に活動されているようで、石川県にもよくいらしているらしいです。

白いお花がとてもきれいな「R-style」さん。自然素材を使い、無着色で作られた「サノフラワー」を使ったアクセサリーなどを作っておられるそうです。葉脈がびっくりするほどきれいに見えます……! 自然のものなのに、繊細な糸で織られた芸術品のようです。

 

豆本工房わかい」さんは、豆本制作キットを販売していて思わず立ち止まってしまいました。ボンドとカッターがあれば作れますよ、と力強くおっしゃっていただいたので購入しました。豆本かわいい……どうして小さいものというのは、小さいというだけでこんなにかわいいんだろう。

さらに気になったのが、こちらのノートカバーです。素っ気ないノートも、これに挟んでおけば超かわいいノートに! ペンをさせば閉じておくこともできます。布が貼ってありますが、ちょっと濡れた程度では何ともないように特殊な貼り方をされているそうです。 完璧! 自分用に購入してしまいました。これから会社で使います!

偶然ですが、いしカバくんの柄と色合いが同じでした! 選んでいる時は全く気がつかなかったです。嬉しい! スマホケースとお揃いのようで、全部ならぶとかわいい!

Zakka*たいむは入場料200円ですが、楽しくて仕方ないので余裕でお釣りがきます。一度入場券を買えば、3日間再入場できるのも嬉しいですね! 次回開催は10月19日~21日とのことなので、雑貨が好きな方はぜひ行ってみてください。前売り券を扱っているお店はブログ・Twitterで確認できます。

https://blog.goo.ne.jp/zakkataim

【たべもの編】もぜひご覧ください。

FacebookTwitterLineGoogle+