一気に暑くなったせいで、何となく食欲がわかない。このままでは夏バテ確定です。しっかり栄養をとるため、旬の食材を使ったおいしい料理をいただける「海人(かいと)」さんへお邪魔しました。野々市にかなり近い金沢です。住宅街の中に突然おしゃれな店がぽつんと出現します。

大人のためのおいしいごはんは、雰囲気もご馳走。

靴を脱いで上がると、板張りの床がピカピカしています。インテリアは和モダンで、とてもシンプル。こちらはカウンターですが、照明がおしゃれです。テーブル席はもちろん掘りごたつになっていますよ。

今回はだいたい車で来ていたので、全員ソフトドリンクをオーダーしました。これはブラッドオレンジジュースです。オレンジジュースなのに、なんだろうこの風格。

こちらは前菜、能登のサザエと季節のラタトゥイユです。前菜からものすごくステキなものが出てきて衝撃。サザエがラタトゥイユに入っているのが衝撃。めっちゃうまい。こんなに合うんだー、夏野菜とサザエって……。

「よし、ほしいものを全部頼もう」という方針で、おいしそうだと思ったものは全てオーダーしました。「山芋とキュウリのたたきポン酢」「ネバネバぬるぬる系の酢の物」は体によさそうなので、両方ともいただきました。ポン酢のジュレがとってもうまーい! オクラのシャキシャキ感も最高。夏バテのぐったり感を忘れさせてくれます。オクラもネバネバしていて体に良いに違いない。酢の味がおいしいのは疲れのせいもありますが、旨みがすごいからだと思います。

「本日の鮮魚のカルパッチョ」はイワシでした。 サンマ? いや、確かイワシ……とにかくおいしかったです! 見た目にもおしゃれで、爽やかおいしい。

こちらがブリカマです! 私が食べたかったのでオーダー。骨の間の身がほっくほくでプリップリで、最高に沁みました。ほどよく脂も乗っていて、アツアツの身と冷たい大根おろしを一緒にいただけば、口の中が天国です。自分が焼いてない魚ってうまいなあ……料理人さんの焼いてくれた焼き魚、本当に最高だなあ……。

「海老とアボカドのカクテル」。トマトと海老の赤に、アボカドの緑が鮮やかー! 見た目もキレイですし、もちろんおいしい。トマト、海老、アボカド……と一つ一つ順番に食べるのがおいしいし、楽しい。オリーブオイル風味ですが脂っこくなく、とてもなめらかなポタージュに似たまろやかさでした。

盛り付けがイタリアンでオシャレすぎて一瞬分かりませんが、「河豚と季節野菜のフリット」です。フグの! フリット! おいしいに決まっているし当然おいしかったです。衣はさっくさくで、フグの身がふわっふわで、天にも昇れそうなうまさです。このペースト状の黄色いソースがまた、すばらしく美味しい。何かは全く分かりませんが、やさしい甘さ……根菜っぽい味です。フリットに合う!

そしてこちらが季節のパスタ「イタリア産サマートリュフ」! 雲丹のクリームパスタは売切れでしたが(とても残念)、こちらもクリームソースということでおすすめいただきました。うまーい! パッパルデッレにクリームのソースとトリュフが絡んで、合うー! 本場イタリアの味!(たぶん)

「フランス産 乳飲み仔牛のロースト」激旨です。やわらか……! 燻製のようにスモーキーな香りと、じゅわっと出てくる肉汁がたまりません。やっぱり肉はいいなあー。ナイフとフォークを全く無視し、ボーン部分を掴んでかじりました。行儀が悪くてすみません。とてもおいしかったです。

ドルチェも最後まで美しい。繊細な心配り

美味しいお店はデザートも美味しい。私が勝手に作った格言ですが、これだけおいしい料理が並ぶなら絶対、デザートのレベルも高いです。

「ティラミス」ですが見た目がとにかく美しいー! そして泡が乗っている。なんだこれ。食べてみたら、泡はミント味でした。ティラミスに乗せていただくと、濃厚な風味がほどよい爽やかさに! これはすごい、永遠に食べられます。まさに旬、さくらんぼの紅色のワンポイントがまた美しい……。スレートが額縁のようです。

こちらは「加賀棒茶のチーズケーキ」。濃厚でしっとりしたケーキの生地に、加賀棒茶が香るステキな一品です! ドルチェの乗っている皿は全て丸いという自分の先入観に気が付きました。細いお皿に乗っているドルチェはとても美しいです。

こちらは「ボネ」、耳慣れないドルチェです。ご主人は「ケーキとプリンの中間のようなもの」と説明してくれました。検索してみると、「北イタリアの伝統菓子、チョコレート風味のココアプリン」という感じらしいです。これがまた! 絶品! 舌触りはプリンの滑らかさ、風味はガトーショコラ! うまーい! こんな逸品がまだこの世にあったとは、勉強不足に恥じ入るばかりです。また食べたい。

最後にコーヒーカップを持ち上げると、赤い花びらが忍ばせてありました。真っ白なソーサーに、紅のひとひら。うわー、おしゃれすぎてイタリアの伊達男みたい! でもこれは上品! うれしい! 最後の最後まで美しい演出を見せていただき、ステキな時間を過ごせました。それぞれの季節で一番おいしい食材を、いっそうおいしく仕上げてくださる「海人」さん。またぜひお邪魔したいです。

創味旬房 海人
住所:石川県金沢市八日市2-815
電話:076-247-7585
https://www.facebook.com/%E5%89%B5%E5%91%B3%E6%97%AC%E6%88%BF-%E6%B5%B7%E4%BA%BA-158435817507184/
※情報は投稿時のものです。

FacebookTwitterLineGoogle+