2015年の北陸新幹線開通後、今もなお、土日・平日関係なく観光客でにぎわうひがし茶屋街。人が集まるところに巣作りをするというツバメが本当に増え、町家の間を気持ちよさそうに飛びまわっています。

そんな茶屋街のある東山の大通りに面しているにも関わらず、ひっそりとお店を構えるかわいい穴場スポット「百番屋」をご紹介します。

お店の前にある看板には、「はちまんさん」「のど黒ソフト」「東山ラスク」の文字が…気になるワードばかりです。

店内に入ると、素敵な什器のなかに女子受けまちがいなしな雑貨たちが。

こちらは、「九谷焼ジャーキャップ」という商品!九谷焼は石川県の伝統工芸品で、鮮やかな九谷五彩(緑・黄・紫・紺青・赤)が特徴です。日常で伝統工芸品を使うのって、ちょっと格式高いですよね…。この商品は、気軽に九谷焼を使ってほしいという想いから、世界中で親しまれている“広口ビン”に注目して制作されました。着眼点がすごいです!

「手毬」「宝尽くし」「梅菊」「千鳥」…と、昔から伝わる縁起の良い意味が込められた吉祥紋様の絵柄でありながら、そのかわいらしさ、ポップさは今どき!私のお気に入りは、「松かえる」「竹ふくろう」「梅たぬき」です♪動物たちのこちらを見る目が愛らしい…!

店内、商品を見ても分かるように、「金沢だからこそできる、新しくもどこか懐かしい“あいそらしい”商品」をつくり続けている百番屋。今後の展開も楽しみです!

(“あいそらしい”は金沢の方言で、「愛想がいい」「やさしい」「かわいらしい」という意味です!)

他にも!たくさんかわいいお菓子、雑貨がそろっています!個々のお菓子については随時レポートしていきますね♪

百番屋
住所:石川県金沢市東山1-3-5(東山観光駐車場斜め向かい)
電話:076-254-6181
営業時間:10:00~18:00(不定休)
https://100banya.com/kutaniyaki_jar_cap.html
https://www.instagram.com/100banya/(Instagramページ)
※情報は投稿時のものです。

FacebookTwitterLineGoogle+