こちらも、おなじみ「百番屋」の商品。
金沢ならではのお菓子が多いですね。石川県以外にも、サービスエリアなどでこの商品を目にすることがあります。

「加賀手まり」は、江戸時代に徳川家から嫁いだ珠姫様が、加賀藩主に持ってきたのが始まりと言われています。そこから、嫁ぐ娘の幸せを願って母親から贈られるようになりました。

振ると柔らかい音が鳴り、持っている人の運が良くなると言われる縁起物です。この商品でも、飴を入れて手まり型のパッケージを振れば、飴の揺れる音が聞けるので良いことが起きるかもしれませんよ!

中に入っている飴は、加賀棒茶味。加賀棒茶とは、茎を焙じあげたほうじ茶で、芳ばしい香りとすっきりとした飲みやすいお茶です。飴の茶色い部分が加賀棒茶、白い部分がミルク味になっており、口の中で溶けていくとほうじ茶ラテのような、ほっとする優しい味わいになります。けれども、加賀棒茶の風味はしっかり感じられます!
一つひとつが個包装になっているのも嬉しいですね◎

手まりの中には飴と一緒に新しいシールが入っているので、開封後もパッケージを貼り合わせて飾ることができます◎周りの人の幸せを願い、ちょっとしたお祝いの贈り物や、お土産として渡したら、喜んでもらえること間違いなしですね。

購入場所:百番屋
住所:石川県金沢市東山1-3-5(東山観光駐車場斜め向かい)
電話:076-254-6181
営業時間:10:00~18:00(不定休)
購入金額:1,080円(税込)
ホームページ:https://100banya.com/kanazawatemari.html
Instagramページ:https://www.instagram.com/100banya/
※情報は投稿時のものです。

FacebookTwitterLineGoogle+