金沢駅から歩いて5分、安江町にはいろんなお店があります。とってもおしゃれなゲストハウスが建っていたりする一方、昭和感あふれる喫茶店や、もっと古い「町家」の建物が現役で残っている、楽しいエリアです。

そんな安江町にある「安江町ジャルダン」さんは、ふわっふわの厚焼きパンケーキを出してくれるお店。町家をリノベーションしたお店でもあるらしく、安江町のいいとこが一つにまとまったようなところなのです。

安江町の近所に用事ができた時点で、ジャルダンさんへ行こう! と決めていました。もはやどちらが主目的だか分かりません。一度行った事があるという、いしカバ部のまるちゃんに案内してもらいました。店構えがすてき! 格子の雰囲気はしっかり歴史ある町家なのに、溢れだすオシャレ感。

ジャルダンさんのお店につながる、細くて長―い土間。古いガラスを透過した日ざしと、裸電球の光がほんわりしてます。そう、この土間の写真を見て、ずっと憧れてました……! テンション上がるー!

そして、ガラスの引き戸をくぐればオシャレカウンターがどーん! とあるカフェです。カウンターの上にたくさん物が置かれているのに、不思議と統一感がありますね。いいなあー!

ジャルダンさんはメニューが豊富。ウィンナーコーヒーとか、ジンジャーミルクティとか、ゆずはちみつスカッシュとか、気になるものばかりです。もう一度どころか、あと5回ほど来なければ。

夜の営業はないのに、アルコールがたくさんあるのも気になります。昼間っから飲んじゃいましょうよ! というお誘いが黒板から伝わってきます。「じわもん 加賀紅ほっぺのお酒」は、調べてみたらいちごリキュールでした。ストレートとソーダ割が選べるんですね。ティフィンクーラーは紅茶リキュール。ワインも赤・白ともにいろいろあります。日の高いうちにおしゃれカフェでシャンパン……とか、大人の遊びだー!

雰囲気がステキすぎて、注文待ちのあいだに店内をうろうろしてしまいました。あちこちにある、手書きのイラストがかわいいのです。

店内の明かりも、陶器でできているのか、こだわりを感じられます。こういう、ちょっとしたところに気を抜かないからこそ、全体の雰囲気が崩れないんだなー。

まるちゃん注文の、厚焼きパンケーキがきたー! ふわっふわ! すっごい!「シンプルにメープル&バターで」との説明通りです。厚みのある生地にメープルをかける瞬間を撮らせてもらい、とても満足しました。おおー、パンケーキの壁面にメープルシロップが流れ落ちる……最高のやつ!

あっつあつの「加賀レンコンとズッキーニのえびドリア」。 レンコンが、なんかほくほくです。めっちゃうまい! サトイモみたいにもっちり感があります。みずみずしいズッキーニと、えびの旨味がチーズに包まれて最高ー! そしてあつーい! けっこうやけどしました。ドリアのせいではありません、私がへたくそだからです。想定の範囲内です。とてもおいしいので問題ありません。

安江町ジャルダンは、期待を上回るステキなカフェでした。厚焼きパンケーキもすばらしいですし、焼きたてスコーンも気になります。もう一度、一度といわずもう10回くらい訪問したい。腹ごなしに安江町をそぞろ歩くのもきっと楽しい!

カフェ 安江町ジャルダン
住所:金沢市安江町18-12 machiya5
電話:076-254-1654
営業時間:11:00~18:30
定休日:木曜日
https://ja-jp.facebook.com/jardin.y/
※情報は投稿時のものです。

FacebookTwitterLineGoogle+