「金沢Fusion~SAKE×融合×kimono~」のイベントで紹介した着物レンタルショップの心結(ここゆい)と、“たのしむ”の記事で紹介した東山にある百番屋のコラボ企画が、2018年9月1日からスタートしました!巻物型の地図を見ながら、ひがし茶屋街の隠れたおしゃれスポットやおもしろスポットを巡る、フォトラリー企画です。

まずは、心結で「金沢ひがし茶屋街まちあるきMAP」を受け取りましょう。着物を着なくても参加できますが、着たほうが圧倒的に雰囲気が出て楽しいと思います◎

巻物は、心結が着物の帯をリメイクして制作したもの。いろんなデザインがあってとてもかわいいです。巻物をくるくるっと開くと、中にはマップが入っていて、ひがし茶屋街のおもしろいアイテムや場所が描かれたイラストと番号が載っています。書かれているヒントを頼りに、そのアイテムがどこにあるのか、散策しながら探していきます!

ひがし茶屋街の近くにある主計町(かずえまち)をてくてく…こちらはマップ対象外の地区ですが、お散歩に丁度良いんです。

そのまま浅野川大橋をてくてく…この日は快晴で、歩いていて気持ちが良かったです。この辺りから、巻物を開いて、おもしろスポット探し開始!巻物をもっていると、観光客の方々が不思議そうにこちらを見ています(笑)。「何をしているんですか?」と声をかけられ、県外の方との交流が始まることも。

こんなところに、こんなものがあったんだ…!

ひがし茶屋街は私のお散歩コースなのですが、知らないことばかり。メインストリートから外れ、本当に民家の奥の奥っていう場所に不思議なものがたくさんありました!!皆さんのお楽しみのために、ここでは紹介しないでおきますね。

おもしろスポット巡りを楽しんだら、最後に百番屋へ。

巻物と引き換えに、かわいいお菓子「はちまんさん」をいただいちゃいました♪缶のフタを開けると、ピンク色をしたアップルジンジャー味の“ハレノヒ落雁”が入っています。落雁は金沢の伝統的な和菓子で、口に入れた瞬間しゅわっと溶けて、やさしい味が広がります。

マップは各国の言語対応もしているので、金沢に増えている外国人観光客の方々にもおすすめです。大学生が留学生を案内する時に利用するのも良さそう!また、地元の方にとってもなかなか知られていないスポットをまわれるので、ぜひ、巻物をもって散歩してみてください♪

参加費:お一人様500円
言語対応:日本語、英語、中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語
お申込み、お問合せ:着物レンタルshop・心結(ここゆい) 076-221-7799
https://kokoyui.com/2018/07/grab-ninjya-scroll-stroll/(心結による紹介記事)
※情報は投稿時のものです

FacebookTwitterLineGoogle+