金沢のおやつ、といえば和菓子とお茶の組み合わせが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。しかし実は、金沢は全国でも有数のコーヒー・洋菓子消費率の高さを誇る街でもあるのです。その背景にあるのは、江戸時代の茶の湯文化から脈々と受け継がれる「おもてなしの心」。
今回ご紹介するのは、そんな地元金沢に愛される珈琲専門店キャラバンサライさんが、コーヒーにまつわる技術の粋をあつめて開発した「金澤ロワイヤルブランデーケーキ」シリーズです。
商品は現在3種類で展開中。ピンクの「自家焙煎カカオのブランデーケーキ」、イエローの「自家焙煎珈琲のブランデーケーキ」、グリーンの「加賀の紅茶ブランデーケーキ」です。気軽にお土産としても渡しやすいちょうどいい大きさの「カットサイズ」と、分け合って楽しめる「ホールサイズ」の2つがあります。今回はイエローの「自家焙煎珈琲のブランデーケーキ」を試食してみます。

個装袋を開封すると、洋酒とコーヒーの香りがふわりと立ちます。それもそのはず、ケーキにはブランデーで一滴一滴抽出したコーヒー液がたっぷり染み込んでいるのです。パッケージ側面にも「車の運転やお子様、お酒に弱い方はご注意ください」としっかり明記されていました。
さて、気になるお味はというと、ブランデーとコーヒーの豊かな香りがしっとりとした口当たりと相まって口の中に広がり、とっても贅沢な気分…!そしてコーヒーのお供にコーヒーブランデーケーキ?と思われるかもしれませんが、これがとっても合うんです。お酒と食事の美味しい組合せをマリアージュと呼びますが、まさにこのケーキはコーヒーとのマリアージュを叶える大人のおやつと言えます。

「私たちは(略)茶の湯文化を現代に取り入れた、コーヒーとそれに合うお菓子との融合を「金澤スタイル」として提唱しています。その思いから「金澤ロワイヤル」が誕生しました。(商品紹介公式ページより抜粋) 」
美味しいお菓子とほっとする飲み物の組み合わせは、いつの時代も人の心をやわらかくしてくれるのかもしれません。「金澤ロワイヤルブランデーケーキ」シリーズといっしょに、秋の夜長のコーヒータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

購入場所:名鉄エムザ1F 黒門小路
購入金額:
 カットサイズ:260円(税込)
 ホールサイズ:864円(税込)
購入日:2018年11月
ホームページ:
キャラバンサライ https://www.caravanserai.co.jp/SHOP/SW001.html
※情報は投稿時のものです。
FacebookTwitterLineGoogle+