金沢の観光地としてよくメディアに取り上げられるひがし茶屋街から浅野川を渡ってすぐに、主計町という茶屋街があります。観光客の方々の会話を聞いていると「しゅけいまち」と呼ばれていますが、正しくは「かずえまち」です。

そんな茶屋街が建ち並ぶ中にあるのが、今回ご紹介する「流寓(LUGU)」さんです。

夜は、石川県産の食材をメインに使用し、地元作家の器や漆、ガラスなどに盛りつけたフランス料理の懐石コースを提供しているこのお店。夜のメニューもとっても気になるのですが、観光客の方がふらっと入っても食べやすいメニューがランチタイムにあるんです!

それがこちらのカツサンド!ロースカツ・ヒレカツ・ビフカツから選べます。この時は数量限定でイベリコ豚カツサンドの販売もありました。想像するだけでよだれが出てしまいます。

町家なのでどうしても外観からして敷居が高く見えてしまい、「私が入っていいものか…」と恐縮してしまいますが、なんとしてもカツサンドを食べてみたかったので、勇気を出して進んでみます。

町家を活かした店内は薄暗く、大人の隠れ家といった雰囲気。一階には素敵なカウンター、二階にはゆったりできるテーブル席があり、浅野川含む茶屋街を眺めながら食事ができます。

今回はヒレカツサンドを単品で注文しました。カツサンドはイートインもお持ち帰りもできますが、お肉をレアな状態で仕上げるため、夏の期間ビフカツサンドはイートインのみの提供になります。お持ち帰りの際には、店員さんが「レアなので、一時間以内にお召し上がりください」と念押されていました。

カツサンドは前菜、ご飯、味噌汁が付いたランチセットにもできますし、他にもカレーやハヤシランチなどもあります。ランチメニューの隣にあるスイーツセットも気になります。

さて、注文して10~15分ほど待っていると…

ヒレカツサンドと感動のご対面!!

見てください。お肉がほんのり赤く、すでに肉汁がふつふつと表面に出てきていて、見るからにジューシー。カリッと焼き上げられたパンは薄くて食べやすく、ソースも染み込んでいて、口に入れた時のお肉とのバランスが絶妙です。一口食べると、予想通り肉汁が溢れてきました。美味すぎる…。税別1,500円という、普段買うコンビニのサンドウィッチと比べると贅沢価格ではありますが、あまりの美味しさに納得の逸品です。次はもうちょびっとだけ奮発して、ビフカツサンドを食べてみたいなと思います。

食べているとお客さんが次々にお持ち帰りでカツサンドを注文しに店内に入ってきていましたし、女性の店員さんも優しかったです。敷居の高さに負けずに、この美味しいカツサンドをぜひ一度ご賞味ください◎

流寓(LUGU)
住所:石川県金沢市主計町2-10
電話:080-3249-9012
営業時間:
 カフェ&ランチ11~19時
 懐石コース(予約制)12時~/18時~
 バータイム(不定休)21時まで
定休日:水曜日+月1日不定
http://www.shiki-inc.com/lugu/
※情報は投稿時のものです。

FacebookTwitterLineGoogle+