地元の方に広く愛される、金沢生まれの「ぶどうの木」。その本店が、緑に囲まれた素敵な場所にあることはご存知ですか?ぶどう園と自家製パスタのお店としてスタートし、今年創業36年を迎えた「ぶどうの木」はきたる9月30日(日)、金沢市森本にある創業地の本店にて「第1回ぶどうの木フェスティバル」を開催します。

地元に育まれた「ぶどうの木」が贈る、はじめての収穫祭&感謝祭。フードコートやミニゲーム、体験教室や箏曲の演奏会(!)まで盛りだくさんのお祭りです。
秋の日曜日、家族やお友達と金沢の実りの秋を探しに出かけませんか?

美味しいもの盛りだくさん!フードコートは要チェック

ぶどうの木本店は敷地内に洋菓子工房・ぶどう直売所・フランス料理店・ウェディングチャペルなどなどを併設。当日は各店舗にて美味しいフードやこの日限定の特別商品が用意されています。
その中でも一押しは、シノアホールフードコートにて販売される河北潟ポークのポルケッタ&濃厚豚骨ラーメン!この河北潟ポーク、実はぶどうの木のケーキのはしっこを食べてすくすく育っているのです。敷地内でのレストランでも食材として提供されており、その美味しさはお墨付き。麺は「ぶどうの木」の代名詞生パスタの製麺技術が採用され、こちらも絶品間違いなし!完売注意というこの商品、お昼時は要チェックです!

野菜、新米、お味噌…自然の恵みをお裾分け

シノアテラスのマルシェゾーンでは、週末恒例のぶどうの木農園産「すっぴん野菜」をはじめ、地元企業・農家仲間の方々の商品も販売されます。農薬はもちろん、化学肥料も一切使わないというかなりストイックな農業に取り組むぶどうの木農園。農と人間の暮らしのつながりは、「ぶどうの木」が大切にしてきたテーマの一つでもありました。今回の感謝祭では、そんな思いが込められた体に優しく美味しい野菜と、それに賛同する地元企業・農家仲間の食品を購入することもできます。顔が浮かぶあの人へのお土産にしてみてはいかがでしょう?

家族みんなが楽しめる、ぶどうの木

その他にもお土産付きの体験教室、パットゴルフのミニゲームなど、子供から大人まで幅広い世代が楽しめる内容が企画されています。これは、地元の人にとって家族みんなが楽しめる場所、集まれる場所でありたいという、ぶどうの木本店の思いの表れであるとのこと。この感謝祭は自然の恵みだけでなく、今まで大事に育ててくれた地元の皆さんへ、感謝の気持ちを伝えるお祭りでもあるのです。

収穫期を迎えたぶどう園を眺めながら、秋の一日をのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。


【開催日時】
2018年9月30日(日) 10:00~16:00

【開催場所】
〒920-0171 石川県金沢市岩出町ハ50-1

【アクセス】
<電車でお越しの場合>
■JR金沢駅よりタクシーで約25分
■JR森本駅よりタクシーで約5分

<お車でお越しの場合>
■北陸自動車道・金沢森本ICより約3分
敷地内に140台分の駐車スペースをご用意しています。満車の場合は、臨時駐車場に停めていただく可能性があります。当日は駐車場整理員の案内に従って駐車お願いします。

【お問合せ先】
076-258-0001(代表)

【Webサイト】
http://www.budoo.co.jp/festival/index.html

FacebookTwitterLineGoogle+