雨の多い街・金沢に生まれた、この街らしい工芸品

金沢の工芸品と聞いて思い浮かべるものは何でしょうか?加賀友禅や九谷焼、金沢箔なども有名ですね。数多ある伝統工芸の一つ、金沢桐工芸の岩本清商店さんから生まれた新しい郷土玩具が「てるてる」です。

雨の多いことで知られる金沢の街で、明日のお天気を祈るための人形ということで、てるてると名付けられたそう。素朴でかわいらしいその姿は、イラストレーターの赤池佳江子さんによって絵付けがされているそうです。どうですか、このすべてを悟った仏さまのような表情…癒されます。

オリジナルてるてるを作る絵付け体験も

てるてるにはいろんな絵柄があり、自分に合ったものを探す楽しみもあります。また、白木の人形に自分で絵付けすることもでき、世界に一つしかないMyてるてるを作ることができます。

伝統的な金沢桐工芸は、表面を焼いて磨く「焼桐仕上げ」を施した木肌に、優美な高蒔絵を施すのが特徴。岩本清商店さんでは、昔ながらの桐火鉢やお盆などの民芸品に加え、カフェなどでも使われそうな、お茶とお菓子を載せる「ちょこっとトレー」など、現代風にアレンジされた魅力的な商品も豊富です。

金沢らしい縁起物の工芸品は、お土産に、ご自宅に

かわいらしくて縁起の良いてるてるは、女性に喜ばれること間違いなし!「てるてるびな」をはじめとする季節ごとの人形があったり、結婚式の記念にオリジナルの「めおと絵付け」をしてもらうこともできるそうです。ぜひ自分だけのてるてるを見つけてみてください!

岩本清商店
住所:金沢市瓢箪町三番二号
電話:076-231-5421
FAX:076-231-5458
ホームページ:http://www.kirikougei.com/
※情報は投稿時のものです。

 

FacebookTwitterLineGoogle+