石川県の老舗和菓子屋さんのひとつ「柴舟小出(しばふねこいで)」さん。看板商品は「柴舟」!なんですが、今回は柴舟小出さんの商品の中でもイチオシの金沢土産「新菓苑」をご紹介します。遊び心にあふれた優雅なお菓子ですよ♪

新菓苑は、兼六園をモチーフにしたプチサイズの創作お菓子!「傘の雪」「戸室」「曲水」の三種類のお菓子が入ったバラエティに富んだ商品です。このお菓子のどこが兼六園にちなんでいるかと言うと…まず「傘の雪」は兼六園の名所のひとつ・唐傘山に雪が積もった風情を模した焼菓子のお饅頭!中身は白餡で、練り込まれた栗の食感が楽しいお菓子です!

次は「戸室」。兼六園内で雪見橋などに使われている金沢の高級石材「戸室石」を表しているそうです。正方形の板状に切り出されたような形で、スライスアーモンドが乗っている甘いメレンゲの焼き菓子と、あずきを寒天と糖蜜で固めたものとの2つが、1袋に入っています。メレンゲは口の中であま~くとろけてとってもおいしい!私の好みはこっちですかね~?上品な甘さがたまりません。

三つ目は「曲水」。兼六園の亀甲橋にちなんで六角形の形をしています。見た目はきんつば…?と思いましたがさわると固い!ポリッと簡単に二つに割ることができました。寒天であずきを固めていて、周りは氷砂糖のようです。だから固かったんですね~。こちらもパクッといただくと、あずきの粒感と口の中で溶ける砂糖が絶妙にマッチして上品美味しいです!どのお菓子も考えられていますね~。次はどれにしようかな?と目移りしてしまいます。

ミシュランガイド三ツ星を獲得している金沢の景勝地・兼六園をたっぷり堪能した後に、この新菓苑を食べて、美味しい思い出に浸るのもいいかもしれませんね♪

購入場所:金沢駅百番街
購入金額:756円(税込)
購入日:2015年5月
ホームページ:
(株)柴舟小出 http://www.shibafunekoide.co.jp/
※情報は投稿時のものです。
FacebookTwitterLineGoogle+