2013年に公開された、上戸彩さん主演の映画「武士の献立」はご覧になりましたか?加賀藩の御膳所で仕えた“包丁侍”を描いた映画ですが、その中に出てくる加賀料理の監修に当たったのが、今回ご紹介する大友楼さんです。創業180年の老舗料亭で、実際に代々加賀藩の御膳所で料理方を務めていたんだとか!そんな包丁侍をルーツに持つ大友楼さんから、お殿様気分が味わえる豪華な幕の内弁当「利家御膳」をご紹介します。

箱は、お殿様が乗る駕籠(かご)をイメージしたものでしょうか、黒塗りに梅鉢紋が入って高級感たっぷりです。早速ふたを開けてみると、重箱のように2段重ねになっていて、「宴席で食されていた献立の文献を基に現代風に仕上げた」というお料理が上品に盛られています。おいしそう!

まずはやっぱり加賀料理の代名詞「治部煮」からいただいてみると…出汁がしっかりきいた甘からい味付けに、ピリッとわさびがアクセントになって、とってもいい味です!他のおかずは、れんこんの挽肉はさみ揚げやうなぎの蒲焼、昆布巻に卵焼き、笹かま等、伝統の郷土料理を冷めてもおいしく食べられるよう、しっかりとした味付けで仕上げてあります。下の段はひょうたん型のご飯に梅の花型の炊き込みご飯、そしてデザートの和菓子まで付いています。恐れ入りました!

大友楼さんは、近江町市場から香林坊方面に向かって歩くと10分ほどのところにお店を構えていて、九谷焼や輪島塗の器で金沢の伝統料理をいただける、雰囲気たっぷりの料亭です(要予約)。お弁当は金沢駅構内の「金沢百番街 あんと」で購入でき、「利家御膳」の他にもいろんな幕の内やお寿司、牛肉弁当などから選べますので、ぜひ伝統の加賀料理を味わってみてください!

購入場所:金沢駅百番街
購入金額:1,080円(税込)
購入日:2014年8月
ホームページ:
(株)大友楼 http://ootomorou.ekiben.or.jp/
※情報は投稿時のものです。
FacebookTwitterLineGoogle+