もっちり・なめらか・ふんわりの三つの食感を一度に楽しめる、村上製菓所さんの「黒糖ふくさ餅」をご紹介します。村上さんは明治44年創業、金沢市内に4店舗を構える老舗和菓子店で、「餡にこだわって、この路ひとすじ」を掲げ、仕事はいつも小豆選びから始まり、当たり前のことを当たり前にやるという、ちょっと頑固おやじがいそうなお店です(実際のところは分かりません。笑)。

和紙っぽい模様の小袋には、特産の金箔をモチーフに、細かい長方形の連なりは観光名所の茶屋街に見られる美しい格子窓を模しているのでしょうか。何とも金沢らしいパッケージです。商品名の「ふくさ」は、餡を生地で袱紗(ふくさ)包みすることから由来しているそうで、村上さんのふくさ餅はさらに求肥(ぎゅうひ)餅が入っている個性的な一品!横から見ると求肥餅が顔を出していて、にんまりしてしまいます。

食べてみると驚きの食感!黒糖風味の焼皮は軽くてふわふわ、こだわりのこし餡はとってもなめらかで、どちらも口の中でさっと溶けてしまいます。最後に到達する求肥餅はのびがよく、もっちりとすごい弾力です。生地の素朴な味わいと餡のやさしい甘さ、さらに個性の光る求肥餅と、三つの要素が上品に包まれて、贅沢な気分にひたれます。一つでかなり満腹感が得られるので、職場へのお土産におすすめかもしれません。

人気の定番商品「黒糖ふくさ餅」は通年で購入可能ですが、抹茶や栗、桜など季節限定ラインナップもあります。栗なんて絶対おいしい!間違いない!関東や関西の百貨店でも販売店があるので、金沢のお土産として購入する他に、お茶会などの手土産として季節毎にリピートしちゃいそうですね。

購入場所:金沢駅百番街
購入金額:1個216円(税込)
購入日:2014年6月
ホームページ:
合資会社 村上製菓所 https://www.wagashi-murakami.com/
※情報は投稿時のものです。
FacebookTwitterLineGoogle+