ご当地の水をご存じですか?各地域の水をペットボトルに詰めて、ご当地ドリンクのお土産品として販売されているものです。そして金沢市でも、その自然の恵みを詰め込んだ「金沢の水」を発売しています!

この「金沢の水」は、金沢市街を流れている犀川の水を原水としています。犀川の始まりは、霊峰・白山。まろやかな味わいが特徴の軟水で、お茶や紅茶などとの相性が抜群なんです!料理では、淡泊な日本料理を作るのに向いているそうですよ。

この商品の特徴はなんといってもその可愛らしい見た目!金沢の伝統工芸「加賀手まり」をモチーフに作られているんです。加賀手まりを思わせる美しい刺繍の模様と、丸いフォルムが本当にかわいいですね!実は、パッケージには、兼六園のことじ灯籠が隠れているんですよ。ぜひ見つけてみてください。

さらにパッケージに隠れているのは、梅鉢紋。加賀藩主・前田家に伝わる家紋として金沢では親しまれていますが、その梅鉢紋がこの「金沢の水」にも隠れているんです!キャップの部分には銀色で入っていて、容器自体にも梅鉢紋が刻まれています。まさに、加賀尽くしのご当地商品ですね!

色は、紅葉の秋の赤色と雪吊りの冬の青色、さらに桃色と緑色があります。それぞれの色合いがとっても可愛らしいので、全色集めて飾っておきたいですね。デザインは、 金沢美術工芸大学デザイン科の学生さんが製作したそうですよ。金沢の伝統をPRするお土産品として、ぜひご利用ください。

購入場所:金沢駅構内コンビニ(Heart-in)
購入金額:180円(税込)
購入日:2014年4月
ホームページ:
金沢市企業局 http://www2.city.kanazawa.ishikawa.jp/
※情報は投稿時のものです。
FacebookTwitterLineGoogle+